読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケセンキョウトオープン記念!店舗対抗「チャンピオン決定戦」

ポケセン レポート

http://www.pokemon.co.jp/info/2016/04/160415_p02.html?i001=news

配信中の色違いのホウオウ必須で、別枠でボルケニオンが使用可能な全国ダブルでした。
ルール見て最初に思った事「勝つならホウオウとボルケニオン同時採用だな」

で、最初に組んだPT
レパルダス 持ち物:きあいのタスキ
イカサマ ねこだまし にほんばれ あまごい

ラグラージ 持ち物:ラグラージナイト
だくりゅう だいちのちから ワイドガード まもる

ボルケニオン 持ち物:こだわりスカーフ
ねっぷう、だいもんじ、スチームバースト、いわなだれ

ホウオウ 持ち物:たべのこし
せいなるほのお、ブレイブバードじこさいせい、ほえる

レパルダス+スカーフボルケニオンの並びから攻めていこうと思ったのと、ワイガラグラージが環境に刺さってると思い、それならばいっそのこと2天候両立してしまおうという考えになってできたのがこのPTです。しかしボルケニオンの炎が環境にあまりにも刺さってない、2天候両立は使いづらいという事で(自分で組んどいてなんですが)このPTは解散になりました。

改めて組み直したPTがこちら↓
f:id:pokeyama_mun:20160508135556j:plain
レパルダス 持ち物:きあいのタスキ
イカサマ、ねこだまし、うそなき、ちょうはつ

ジュカイン 持ち物:ジュカインナイト
ギガドレインりゅうのはどう、みがわり、まもる

プテラ 持ち物:ラムのみ
いわなだれ、ワイドガード、おいかぜ、まもる

ホウオウ 持ち物:たべのこし
せいなるほのお、ブレイブバードじこさいせい、まもる

ホウオウボルケニオンの電気の一貫性を考えると避雷針が欲しいなと思ったのと、ボーマンダが刺さっているという話を聞いた結果メガジュカインが採用されました。
このルールでのメガジュカインの強みは
・避雷針でホウオウボルケニオンへの電気を吸える
・ホウオウに強い水と岩に対して一致で弱点を付けれる
・ホウオウと縦の相性も良い
メガシンカで天敵であるプテラ、スカーフバンギ、メガライボルトの上を取れる
くらいですかね、つまりホウオウには強くないけどホウオウメタには圧倒的に強いポケモンということです。
そしてメガジュカインの技範囲の狭さをカバーするため横のレパルダスで嘘泣きをしてゴリ押す方向に。(単にレパルダス使いたかっただけ) イカサマで1回削れば嘘泣き込みでホウオウ倒せます。
プテラを採用したのはワイドガードが使えるのと雪崩が一環するからです。ホウオウの構成に関してはあまり考えませんでした。

予選は○○○×○で1敗したものの、3位で予選抜け。
肝心の抽選は掠りもしないで落選しました。

しかし今回は落選した人にもチャンスがあり、抽選で当選した人がポケセンスタッフと対戦できるというエキシビジョンマッチがありました。
代表戦が始まる前に1回、結果発表までの集計の間に3回の計4回抽選が行われ、4回目でなんと当選しました!やったぜ。
ORASになってからモニターで映して対戦した事が一度もなかったため、これはかなりのアドでした。
その時の様子↓ 紫パーカーが私

vsポケセンゴヤスタッフ ビデオナンバー LW6G-WWWW-WW42-CPY7
f:id:pokeyama_mun:20160508135811j:plain

結果だけ言いますと勝利したんですが、流れが完璧すぎて自分でも内心驚いてました。
・対戦前にモニターで映してる中IDくじをやる→ポイントマックス当てて周り盛り上がる
・初手出し負けたらやだな~→出し勝つ
・雪崩を両方に外して周り盛り上がる→外れたのはIDくじで運を使ってしまったから?みたいなことを後で知り合いに言われる()
・嘘泣き→特殊技のコンボを見事に決める
・スタッフがボルケニオンを活躍させたがってる→嘘泣きコンボで一瞬で倒す
とまあ、モニターに映した瞬間いい思いしかしませんでした、とても満足しています。


いい思いはできましたが、店舗代表になれなかったのはやはり残念なので(今年になってからまだ一度も店舗代表になれていない)新作発売までになっておきたいところです。


おまけ
f:id:pokeyama_mun:20160508135902j:plain

ゴヤは同率2位でした。