読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

公式大会、オフ会使用PT&結果まとめ3

・2014,2015
ジャンフェス2015ポケモンブース連勝バトル
f:id:pokeyama_mun:20150824185847j:plain
結果:最高9連勝 最終5位


第5回あいオフ
f:id:pokeyama_mun:20150824190155p:plain
結果:予選4勝3敗グループ3位 予選落ち


第1回カマルオフ
f:id:pokeyama_mun:20150304184621p:plain
結果:予選4勝4敗 予選落ち


第6回北陸オフ
f:id:pokeyama_mun:20161115191729p:plain
結果:予選2勝3敗 予選落ち


第6回あいオフ
f:id:pokeyama_mun:20160104225328p:plain
結果:予選4勝2敗グループ2位 決勝トーナメント1回戦負けベスト16


ポケセン店舗対抗バトル~最強トレーナーのおでましだ!~
f:id:pokeyama_mun:20150429191350j:plain
結果:予選7勝8敗 予選落ち


第1回カーニバルオフ
f:id:pokeyama_mun:20160104225513p:plain
結果:予選4勝4敗 予選落ち


ポケセンヒロシマオープン記念!店舗対抗チャンピオン決定戦
f:id:pokeyama_mun:20150829223339j:plain
結果:予選3勝1敗 抽選当選ベスト16 本選敗退


第2回カマルオフ
f:id:pokeyama_mun:20160104230827p:plain
結果:予選4勝3敗グループ4位? 予選落ち


・2016
ポケセン店舗対抗チャンピオン決定戦2016冬
f:id:pokeyama_mun:20160130225307j:plain
結果:予選4勝0敗 抽選落ち


第10回あいオフ
f:id:pokeyama_mun:20161115172314p:plain
結果:予選3勝4敗 予選落ち


ポケモンセンターヒロシマカップ4月
f:id:pokeyama_mun:20160423214720p:plain
f:id:pokeyama_mun:20160423214958j:plain
結果:予選3勝1敗 抽選当選 決勝トーナメント1回戦負けベスト10


ポケセンキョウトオープン記念!店舗対抗チャンピオン決定戦
f:id:pokeyama_mun:20160508135556j:plain
結果:予選3勝1敗 本選抽選落ち エキシビジョンマッチ抽選当選 スタッフ戦勝利


バトレボ勢の集いオフ
f:id:pokeyama_mun:20161115172645p:plain
結果:予選2勝2敗三竦み→一撃技限定11シングル総当たり2勝0敗予選2位抜け→決勝トーナメント準優勝


第4回カマルオフ
f:id:pokeyama_mun:20161115172819p:plain
結果:スイスドロー5勝1敗(○×○○○○) 予選4位抜け 決勝トーナメント1回戦負けベスト16


公式Wi-Fi大会まとめ(PTキャプチャするの忘れた&面倒だった)
f:id:pokeyama_mun:20161115173240p:plainf:id:pokeyama_mun:20161115173251p:plain

f:id:pokeyama_mun:20161115173300p:plainf:id:pokeyama_mun:20161115173306p:plain



それぞれの結果へのコメントは面倒なのでやりません
2015はオフへの参加頻度が高かったが予選抜け率ェ・・・毎回あと1勝足りるか足りないかの瀬戸際である
ポケセン大会はアルセウス必須シングルで死んだもののギャラドスダブルで当選し3年連続店舗代表を達成できた
2016では一気に参加頻度が下がりポケセン大会での当選率がなぜか下がった 後半のレックウザ縛りダブルは仕事で参加できず、vsボスバトルは現地に行くも定員超えで受け付け終了と不幸が続き4年連続店舗代表達成ならず;;;しかしヒロシマカップで当選したため抽選だけは4年連続を達成できたため次回作サン&ムーンでもめげずに頑張っていこうと思う
逆にオフは3回しか参加していないものの内2回予選抜け、しかもどちらもドククラゲ入り 去年とは全く逆の結果となった

またジャパンカップ2015が終わった辺りからニコ生の大会に参加し始め、そちらではかなりの安定感を出している
詳細はブロマガに更新予定

【VGC2016】ドククラゲ入りイベルオーガ

※実数値は全て理想個体前提で書いてます
f:id:pokeyama_mun:20140825233810p:plain
ドククラゲ 特性:クリアボディ 持ち物:オボンのみ
性格:おくびょう
実数値:185-×-95-101-141-158
ねっとう ミラーコート マジックコート くろいきり


f:id:pokeyama_mun:20140825234905p:plain
メガゲンガー 特性:ふゆう→かげふみ 持ち物:ゲンガナイト
性格:おくびょう
実数値(メガシンカ前):147-×-83-177-96-168
実数値(メガシンカ後):147-×-103-217-116-190
ヘドロばくだん おにび ちょうはつ まもる


f:id:pokeyama_mun:20161024211614p:plain
ゲンシカイオーガ 特性:はじまりのうみ 持ち物:あいいろのたま
性格:おくびょう
実数値:175-×-132-232-180-156
しおふき こんげんのはどう れいとうビーム まもる


f:id:pokeyama_mun:20161024211624p:plain
イベルタル 特性:ダークオーラ 持ち物:とつげきチョッキ
性格:うっかりや
実数値:227-152-115-177-113-140
あくのはどう バークアウト ふいうち デスウイング


f:id:pokeyama_mun:20150304183514p:plain
メガボーマンダ 特性:いかく→スカイスキン 持ち物:ボーマンダナイト
性格:むじゃき
実数値(メガシンカ前):171-178-101-139-90-167
実数値(メガシンカ後):171-188-151-149-99-189
すてみタックル りゅうせいぐん りゅうのまい まもる


f:id:pokeyama_mun:20161024211650p:plain
ライチュウ 特性:ひらいしん 持ち物:きあいのタスキ
性格:ようき
実数値:135-110-107-×-101-178
ほっぺすりすり がむしゃら ねこだまし アンコール



・個別解説
f:id:pokeyama_mun:20161024211700p:plainドククラゲ
飽きもせずこのポケモンを使いたいということで構築をスタート。ゼルネアスドーブルへのメタとゲンシグラードンへのメタを両立できる数少ないポケモンカイオーガ系統の構築に足りない水耐性を持っているためゲンシカイオーガも見れないことはない。Cを下げられるとH振りゲンシグラードンに対する確定数が変わってしまい、Sを下げられると上を取れなくなってしまうため特性はクリアボディ一択。他は弱いです。オボンの実はミラーコート使用後相手に縛られにくくするため等の行動保障のため。先発に置くことが多いがゲンシカイオーガ入りに対しては後発に置くこともある。
・配分:H4n+1 S最速霊獣ランドロス抜き 残りB
オボンを持たせるため回復効率を考えて4n+1調整、Sは最速にする理由がない&ゼルネアスに対して黒い霧、ゲンシグラードンに対して熱湯を撃つことを考え最速ゲンシグラードン抜き→霊獣ランドロスと同速になってしまうためさらに抜き調整しました。残りは全体の物理耐性の無さを考えBに。

・技解説
ねっとう:めざパ水持ちと違いタイプ一致で撃てて技の威力が少し高いため雨下でほとんどのゲンシグラードンを確定1発にできます。デメリットとしては見せ合いで警戒されるのとライチュウやゲンガーにめざ水が無いのがバレることくらいですかね。
ミラーコート:高いDを生かしてゲンシカイオーガを筆頭に相手の特殊アタッカーを倒すor縛るため ジオコンを積んだゼルネアスにも有効ですがそちらは基本的に黒い霧から入ります。
マジックコート:vsドーブルへの打点でダークホールを跳ね返してこちらからアドを取っていける技。黒い霧との相性もよいです。
くろいきり:ゼルネアスのジオコンを帳消しにするための技ですが、ドーブルと並んでいる場合は交代の可能性も普通にある、普通に攻撃されたり守られた場合1ターン無駄になる、次ターン以降のアドを考えてマジックコートから先に入ります。



f:id:pokeyama_mun:20161024211711p:plainメガゲンガー
ゼルネアスを上から叩けるのと、影踏みで相手に交代の選択肢を無くすことで相手のドーブル+ゼルネアスの並びに対して隣ドククラゲダークホールを跳ね返して確実に処理を遂行でき、天候の取り合いに強くなれるポケモン。ほぼ先発主体。
・配分:Sメガシンカ前最速100族抜き A146珠ファイアローブレイブバード高乱数耐え 残りC
Sは相手のメガガルーラ+ゼルネアスの並びを意識したのとイベルタルと攻撃範囲が被らないようシャドーボールを切ったことによりゲンガーミラーで100%勝てなくなり全振りする意味がなくなったためこのラインに落ち着くようになりました。また攻撃技1つで残りが補助なため耐久が欲しかったというのもあります。

・技解説
ヘドロばくだん:ゼルネアスへの打点なため必須枠。
おにび:PT全体の物理技の通りの良さを抑制するため。
ちょうはつ:トリックルーム対策で入れたがドーブルに2度目の仕事を許さないための打点だったりイベルタルの不意打ちを通したりワイドガードを封じて全体技を通せるようにしたりアンコールで補助技しか出せない相手を詰ませたりと違う方面での活躍が多かった。
まもる:メガシンカでSが変わる&影踏みで居座るため大事に扱う事が重要 またドーブルと対面した時に持ち物が分からないため守るから入ってマジックコートという立ち回りをするため。



f:id:pokeyama_mun:20161024211720p:plainゲンシカイオーガ
相手ゲンシグラードンに対してドククラゲの水技を通せるようにするため当然の採用。先発後発どちらでも
・配分:CS極振り
ゲンシグラードンに上を取れる確率を上げるため最速。努力値をBに回せばゲンシグラードンに対して最低1回は受け出しが可能になるがSを切ってしまうと上を取れる可能性が下がるしCを下げるとPTパワーが落ちる、制圧力が落ちるため耐久調整はしませんでした。

・技解説
しおふき:最初は相手ゲンシカイオーガへの打点として雷を採用していましたが、根源の波動のみだと制圧力に欠ける&命中不安が気になったため採用。
こんげんのはどう:削られても両縛りが可能、PTに足りない全体技不足を補うため。単体水技はドククラゲが所持しているので不要と判断しました。
れいとうビーム:相手のドラゴンへの打点不足を補う技。
まもる:大事に扱って天候を取れるようにするため。



f:id:pokeyama_mun:20161024211729p:plainイベルタル
この枠はレックウザ→ホウオウとポケモンを変えてきましたが最終的にグラカイトリパへの耐性が皆無になってしまったためチョッキイベルタルを採用。こちらも先発後発両方
・配分 C255ゲンシカイオーガのシングルダメージ雨潮吹き確定耐え 最速ドーブル抜き 残りC
グラカイを相手にする→噴火潮吹きを受けるためその中で最もダメージが大きい攻撃を耐えれるよう調整 不意打ちの威力を下げたくなかったのとBを下げると相手の鉢巻きファイアローに倒されてしまう可能性が出てくるため泣く泣く性格うっかりやを採用。

・技解説
あくのはどう:Aが低い相手でも安定して攻撃を通せてついでに怯みも狙えるためイカサマよりも優先的に採用。
バークアウト:省略
ふいうち:省略
デスウイング:回復して居座り堅さを生かして仕事量を増やすため。



f:id:pokeyama_mun:20161024211739p:plainメガボーマンダ
物理耐性のなさ、地面の一貫性を抑制できて相手のメガレックウザに強いため。先発後発どちらでも
・配分:H4振りメガレックウザを流星群で確定 最速 残りA
ワイルドさんの調整のコピー 仮想敵、ミラーを考えるとこの配分以外ありえません。

・技解説
すてみタックル:メガボーマンダを出す=メガゲンガーを出せない=相手ゼルネアスへの強打点が減るためハイパーボイスよりも此方を優先。
りゅうせいぐん:省略
りゅうのまい:PT全体でパワー不足なため、そこを半ば強引に上げるために採用。地味にダークホールを跳ね返した時と相性がいい。
まもる:縛りの状況を維持するためと威嚇を残せて大事に温存できるため(※某所からの引用)



f:id:pokeyama_mun:20161024211800p:plainライチュウ
PT全体の電気の一貫性を抑制できて猫騙し+αで隣を動かしやすくすることができる枠。持ち物は行動保障のため気合の襷。チョッキも試したかったがどうしてもイベルタルから外すことができなかったため採用は見送り。基本先発
・配分:BS極振り
Bに振る事でメガレックウザの神速等を耐える確率を上げています。

・技解説
ほっぺすりすり:エレキネットと違い1発当てれば交代されても状態異常として残り周りで上を取りやすくなるため。
がむしゃら:強引に相手を低HPにすることによりPT全体でのパワー不足を補うため。
ねこだまし:省略
アンコール:影踏みと相性がよいのと、メガガルーラにゴリ押されるのを嫌ったため猫騙しを選択してきた相手を止められるようにするため。


カロスダブル、全国ダブルで使用した「アシッドボム+特殊技」という攻撃的なコンセプトを持ったドククラゲンガーとは反対にサポート寄りなコンセプトを持ったドククラゲンガーとなっています。


・選出
vsBIG6系統のグラゼルネ
f:id:pokeyama_mun:20161024211700p:plainf:id:pokeyama_mun:20161024211711p:plainf:id:pokeyama_mun:20161024211720p:plainf:id:pokeyama_mun:20161024211729p:plain
影踏みロック+マジックコートや黒い霧でドーブル+ゼルネアスをメタりにいく vsガルーラゼルネアスにはガルーラに鬼火から入る 初手にボーマンダがきた場合はイベルタルを投げ捨てる

vs↑以外のグラゼルネ
f:id:pokeyama_mun:20161024211800p:plainf:id:pokeyama_mun:20161024211711p:plainorf:id:pokeyama_mun:20161024211739p:plainf:id:pokeyama_mun:20161024211720p:plainf:id:pokeyama_mun:20161024211729p:plain
初手ライチュウゲンガーを出して相手の初手にグラードンがいない場合裏からくることを想定して立ち回る(グラードンに対して受けが効かないため)

vsゼルネレック(きつい)
f:id:pokeyama_mun:20161024211700p:plainf:id:pokeyama_mun:20161024211739p:plainorf:id:pokeyama_mun:20161024211711p:plainf:id:pokeyama_mun:20161024211729p:plainf:id:pokeyama_mun:20161024211800p:plain
レックウザの処理を早めに 相手にドーブルがいない場合ドククラゲライチュウ

vsレックオーガ
f:id:pokeyama_mun:20161024211800p:plainf:id:pokeyama_mun:20161024211720p:plainf:id:pokeyama_mun:20161024211729p:plainf:id:pokeyama_mun:20161024211739p:plain
水が一貫しない場合は初手にカイオーガを投げない どちらにせよボーマンダを大事に扱うことが大事

vsグラカイ
f:id:pokeyama_mun:20161024211800p:plainf:id:pokeyama_mun:20161024211729p:plainf:id:pokeyama_mun:20161024211720p:plainf:id:pokeyama_mun:20161024211739p:plain
クチート入りにはゲンガーが入ってくることも


第4回カマルオフ(バトルロードグロリア2016関西予選)にて使用
スイスドロー5勝1敗(○×○○○○) 予選4位抜け
決勝トーナメント1回戦敗退 ベスト16

ポケセンキョウトオープン記念!店舗対抗「チャンピオン決定戦」

http://www.pokemon.co.jp/info/2016/04/160415_p02.html?i001=news

配信中の色違いのホウオウ必須で、別枠でボルケニオンが使用可能な全国ダブルでした。
ルール見て最初に思った事「勝つならホウオウとボルケニオン同時採用だな」

で、最初に組んだPT
レパルダス 持ち物:きあいのタスキ
イカサマ ねこだまし にほんばれ あまごい

ラグラージ 持ち物:ラグラージナイト
だくりゅう だいちのちから ワイドガード まもる

ボルケニオン 持ち物:こだわりスカーフ
ねっぷう、だいもんじ、スチームバースト、いわなだれ

ホウオウ 持ち物:たべのこし
せいなるほのお、ブレイブバードじこさいせい、ほえる

レパルダス+スカーフボルケニオンの並びから攻めていこうと思ったのと、ワイガラグラージが環境に刺さってると思い、それならばいっそのこと2天候両立してしまおうという考えになってできたのがこのPTです。しかしボルケニオンの炎が環境にあまりにも刺さってない、2天候両立は使いづらいという事で(自分で組んどいてなんですが)このPTは解散になりました。

改めて組み直したPTがこちら↓
f:id:pokeyama_mun:20160508135556j:plain
レパルダス 持ち物:きあいのタスキ
イカサマ、ねこだまし、うそなき、ちょうはつ

ジュカイン 持ち物:ジュカインナイト
ギガドレインりゅうのはどう、みがわり、まもる

プテラ 持ち物:ラムのみ
いわなだれ、ワイドガード、おいかぜ、まもる

ホウオウ 持ち物:たべのこし
せいなるほのお、ブレイブバードじこさいせい、まもる

ホウオウボルケニオンの電気の一貫性を考えると避雷針が欲しいなと思ったのと、ボーマンダが刺さっているという話を聞いた結果メガジュカインが採用されました。
このルールでのメガジュカインの強みは
・避雷針でホウオウボルケニオンへの電気を吸える
・ホウオウに強い水と岩に対して一致で弱点を付けれる
・ホウオウと縦の相性も良い
メガシンカで天敵であるプテラ、スカーフバンギ、メガライボルトの上を取れる
くらいですかね、つまりホウオウには強くないけどホウオウメタには圧倒的に強いポケモンということです。
そしてメガジュカインの技範囲の狭さをカバーするため横のレパルダスで嘘泣きをしてゴリ押す方向に。(単にレパルダス使いたかっただけ) イカサマで1回削れば嘘泣き込みでホウオウ倒せます。
プテラを採用したのはワイドガードが使えるのと雪崩が一環するからです。ホウオウの構成に関してはあまり考えませんでした。

予選は○○○×○で1敗したものの、3位で予選抜け。
肝心の抽選は掠りもしないで落選しました。

しかし今回は落選した人にもチャンスがあり、抽選で当選した人がポケセンスタッフと対戦できるというエキシビジョンマッチがありました。
代表戦が始まる前に1回、結果発表までの集計の間に3回の計4回抽選が行われ、4回目でなんと当選しました!やったぜ。
ORASになってからモニターで映して対戦した事が一度もなかったため、これはかなりのアドでした。
その時の様子↓ 紫パーカーが私

vsポケセンゴヤスタッフ ビデオナンバー LW6G-WWWW-WW42-CPY7
f:id:pokeyama_mun:20160508135811j:plain

結果だけ言いますと勝利したんですが、流れが完璧すぎて自分でも内心驚いてました。
・対戦前にモニターで映してる中IDくじをやる→ポイントマックス当てて周り盛り上がる
・初手出し負けたらやだな~→出し勝つ
・雪崩を両方に外して周り盛り上がる→外れたのはIDくじで運を使ってしまったから?みたいなことを後で知り合いに言われる()
・嘘泣き→特殊技のコンボを見事に決める
・スタッフがボルケニオンを活躍させたがってる→嘘泣きコンボで一瞬で倒す
とまあ、モニターに映した瞬間いい思いしかしませんでした、とても満足しています。


いい思いはできましたが、店舗代表になれなかったのはやはり残念なので(今年になってからまだ一度も店舗代表になれていない)新作発売までになっておきたいところです。


おまけ
f:id:pokeyama_mun:20160508135902j:plain

ゴヤは同率2位でした。